オメガ、スピードマスターをゲットし、長く愛用するためにできること

腕時計の中でも特に人気があるのがオメガです。特に男性であれば、ぜひ1本は持っておきたい腕時計であると言えます。オメガの中でも代名詞ともなっているものはスピードマスターです。これはクロノグラフの時計で、実用性を兼ね備えているだけでなく、フォーマルなシーンでもぴったりくるデザイン性も高い腕時計です。日本だけでなく、世界でも人気があるこのスピードマスターをどうすれば格安でゲットすることができるでしょうか。
最近では、インターネットのオークションでも偽物でなく、本物を安くゲットすることができます。さらに、新品でなければ質屋さんなどでも通常よりもかなり安く手に入れることができます。とはいえ、あまりにも格安の場合は偽物である可能性が高いのでぜひ注意したいところです。特に、スピードマスターは人気のある腕時計ですので、偽物も多く出回っています。多少はお金を払ってでも、安心できる形で手に入れるほうが良いです。
さて、実際にスピードマスターを手に入れた後には、できるだけ長く愛用したいと思います。そのために出来ることは何でしょうか。スピードマスターは機械式腕時計ですので、定期的なオーバーホールが必要です。そして、この時計はクロノグラフで、しかもオメガなので、その辺の時計店でオーバーオールできるものではありません。きちんとした、しっかりとした技術を持つお店にオーバーホールをお願いすることが大切です。また、オーバーホールも安くて3万円以上はします。確かに高い出費になってしまうのですが、長く使うための投資だと思って、決してケチらないようにしましょう。
機械式時計は非常に繊細です。そして車やバイクのように定期的に使うと良いのですが、ずっと使っていないと不備が出る可能性が高くなります。それで、せっかく手に入れたのであればできるだけ毎日使うなら、良い状態を維持することができます。どんどん使っていくようにしましょう。

ジュエリーツツミでよくジュエリーを買っています

私は20歳の成人式のときに父がダイヤモンドのついた18金の指輪をお祝いで買ってくれました。
そのときは、初めてのジュエリーを手にしてかなり感動しました。それはテレビの通販で買ったといっていました。
成人式のときは式典に高校時代の友人と振袖を着て集まろうと約束をしていましたが、私のうちは父子家庭でしたので、
振袖を買えないと父に言われていました。振袖はレンタルで済ませて何とか振袖を着ていくことが出来ました。
私は父にもらった指輪をつけて会社に行っていました。私の指輪は他の同僚がつけてる指輪よりもかなり華奢に感じました。V字の18金の指輪でしたが、いつか自分の給料でもっと大振りなものを買おうと思っていました。
そのころにジュエリーショップはありましたが、高価な指輪ばかりを扱っていましたので気軽に買うことが出来ませんでした。私がOL3年目くらいにジュエリーツツミのことを知るようになりました。
そのころはうちの近所にはなく、浅草まで買いに行っていました。
兎に角ジュエリーツツミはジュエリーが豊富で、お店も入りやすかったです。そこで私は婚約指輪も買ってもらいました。
そのときは今よりもダイヤモンドが高い時代でした。でもそのダイヤの大きさは0.2カラットという大きさでした。
会社の先輩はそのころ婚約指輪は給料の3ヶ月分をおくりましょうというキャッチコピーがあって、本当に給料の3ヶ月分の指輪をもらっているようでした。私は婚約相手に指輪の予算を言われていましたので、あまり大きなダイヤは買えなかったんです。数年してからうちの近所の駅ビルにもジュエリーツツミがオープンしたときは、凄く嬉しかったですね。
私は毎日会社の帰りにジュエリーツツミに行って指輪を見ていました。それほど指輪が好きでした。
その後もピアスを買ったりファッションリングも買ってきました。ジュエリーはジュエリーツツミでよく買っています。
これからも利用します。

アドレナリンスポット

人にはそれぞれ、ある種の高揚感を得られる場所があると思います。
つまり、独自のツボにぐっときてそこに行くとアドレナリンがどっと排出されるスポット、要するに自分の大好きな場所のことですね。
例えば、お気に入りの場所として本屋やディズニーランドを例に挙げる方は多いと思います。
わたしの場合、いくつかアドレナリンスイッチが入る場所があるのですが、その中で夫婦でスイッチが入ってしまう場所があります。
それはずばり、ジュエリーツツミです。
宝石のきらびやかさもさることながら、洗練されながらも優雅さを失っていないその店内。
そのピカピカに磨かれたショーケースを見るだけで、ある種の高揚感にみまわれてしまうのです。
そんな中、物腰の柔らかい店員さんに近づかれるともうどうしてよいかわかりません。
前述しましたが、夫婦揃ってそんな状態になってしまうので、店員さんに「あ、はずれひいちゃった。参ったな、へんな夫婦が来たなー。」なんて思われてしまうのも、無理もないことだと思います。
いかにスマートにジュエリーツツミで買い物をするか。
大人の沽券に関わるなどと、大仰かもしれませんが、わたしたち夫婦にとっては大問題なのです。
ある時に、ふと名案が浮かびました。
「そうだ、ネットショッピングがあるじゃないか。」と。
でも、人間とはあまのじゃくな生き物でして、お店に出向けないならあの高揚感と幸福感は味わえない・・・。
ついには、ジュエリーツツミの公式サイトでじっくり検討をしてから、お店に出向いて店員さんと渡り合う(勝負ごとのようですが。)ことにしました。
このアイデアは素晴らしく、公式サイトで好きなジュエリーをさがしている時から既に高揚感を味わうことが出来たのです。
アドレナリン排出はお店で商品を実際に受け取るまで続きました。
それ以降、この買い物の仕方がすっかり気に入ったので、ジュエリーツツミで舞い上がって恥ずかしい思いをすることはなくなりました。
ちなみに、他の宝石店にいってもごく少量のアドレナリンしか排出できないのは、いかにジュエリーツツミが価格品質ともに素晴らしいかを証明しているに違いない、とわたしたち夫婦は考えています。

5大海外ジュエリーブランド

ジュエリーと言えば、海外のブランドが有名です。
そう、海外セレブ、ハリウッド女優、そして日本の芸能人などがパーティーやセレモニーなどで必ず紹介されます。
婚約・結婚などでもそうです。
指輪はどこどこのジュエリーで何カラットなどと、それがステイタスのように紹介されるのです。
では、どこの海外ブランドが有名なのでしょうか。
海外有名ジュエリーには、超有名ブランドがたくさんあるようです。
アメリカのハリーウィンストン、カルティエ、ティファニー、イタリアのブルガリ、フランス、パリのフレッド、ヴァンクリーフ アンド アーペル、ショーメ、イタリアのダミアーニ、スイスのショパール、などが有名です。
ジュエリーにもいろいろな種類がありますので、ランク付けをすることはなかなか難しいですが、
どれも知名度も去ることながら、扱うダイヤモンドの質などは超一流です。
材質は、18金や14金、プラチナが主流です。
ジュエリーは、野菜などのように、市場価格のような一律いくら位という定価設定がないので、
世界中どこへいってもだいたいこれぐらいの値段という物がないのです。
本当にブランドの力とそれゆえに扱える品質の高さで買い求めるしかないのです。
例えばダイヤモンドなどで言うと、ノーブランドの宝石屋さんで買うほうが、同じ価格でも大きさが違ってくるのですが、
そこは買う私たちの判断なのだと思います。
大きさで選ぶのか、品質で選ぶのかという所になってくるのでしょう。
けれども、ブランドのジュエリーのよい所は、それなりにネットやカタログなどを見て、
下調べする事ができるのです。
いずれにせよ、女性なら一度はブランドのジュエリーを付けてみたいものです。
そしてハンサムな男性にエスコートされて、パーティーなどに参加してみたいものです。
それでなければ、せめて婚約指輪などでは、そういうブランドのジュエリーの物が欲しいなどと思ってしまいます。
世の中の多くの女性の永遠の憧れが、ジュエリーなのです。

海外ブランドのジュエリーは、ある意味わかりやすくて便利です

海外ブランドのジュエリーは、好き嫌いがあると思いますがその分かりやすさにおいてはとても便利なものではないでしょうか。
というのも、結婚指輪にまつわるエピソードが私にはあります。
私の結婚指輪は海外ブランドではありません。
宝石店に勤めるおばオススメの指輪で私も主人も大変気に入り、求めたものです。
結婚後、習い事に通っていました。
先生は私より少しだけ年上のかなり負けず嫌いな人でした。
生徒の洋服や車、家、夫の職業についてとても知りたがり、少しでも自分が負けていると思うといじわるを言ってみたりするような人でした。
生徒はみな辟易していましたが、何しろその地方でそれを教えてくれる先生はその人一人きりでしたから、割り切って技術を習おうとしていました。
その日は、生徒の中の一人が、「私は太ってしまったので結婚指輪が入らなくなってしまって」と言ったことから指輪の話しになりました。
リッチなおばさまも数名居たので、私たち若手は興味津々でどんな指輪を持っているのかを聞いていました。
おばさま達はいやみのない人達だったので、ちっとも自慢に聞こえず、私たちもそんなすごい指輪がつけられる時が来たらいいねぇなんてのんきに笑い合っていました。
その時です。先生が、「私の結婚指輪はランバンですけど、あなたのはどちらの?」と私に聞いてきました。
おばの勤める宝石店で買ったことを言いましたが、それだけでは納得せず、裏に刻んであるはずだから外して見せてと言うのです。
ブランド物じゃないですよと言っても承知しません。
ではどうぞと指輪を外し、お見せしました。
「あら、ほんと。何にも書いてないわ」と指輪を返してくれましたが、何となく嫌な気分でした。
ブランドのジュエリーは素敵なデザインがたくさんありますが、人にひけらかすために身につけるものではないはずです。
何でもかんでもブランドで揃えてる人がおしゃれとは限りません。
ブランドにしてもそうじゃないにしても、それを自分のものにする理由やプロセスに大切なものが含まれているのですから。
しかし、一目でブランドとわかる特徴的なロゴやデザインのジュエリーなら、とりあえず自慢したい人には便利なものなんだと、その時思いました。

 

ジュエリーツツミをよく利用していた私

私は、今現在はあまり購入する事はないのですが、よくジュエリーツツミのお店やホームページを頻繁にのぞいております。
そして、私がまだ若かった頃、十年以上前には、本当によくジュエリーツツミのお店を利用しておりました。それは、貴金属が安く手に入る、という事から、私は当時の若い頃、ジュエリーツツミのお店にハマっておりました。
当時私は都会のとある精神科の開放病棟の病院に入院しておりました。その頃、その病院からアルバイトへ通い、少しばかりのアルバイト代を得ておりました。
そこで私は、その得たアルバイト代を使用し、お給料日過ぎてはしょっちゅう、ジュエリーツツミのお店へ立ち寄り、ジュエリーを購入しておりました。
当時はまだ、今よりも金が安く、18K等の貴金属も、今よりもずっと安い値段で購入できましたので、よく、あまり高くない18Kの貴金属と宝石の付いたジュエリーを購入しておりました。
当時は今に比べるとかなり18Kも安かったのですが、今現在の価格は、上昇しております。そして、18Kのジュエリーとなると、10年ぐらい前と比べると、かなり高価な値段になってしまっております。
今でも時々ジュエリーツツミのお店やホームページを見たりすると、18Kのものはかなり当時よりも高額で、安いジュエリーは、10Kとか14Kとかになってしまっております。
金の混在する割合を減らす事で、ジュエリーツツミでは、安いジュエリーが売られていますが、今私はその金の純度の薄いジュエリーを購入する気にはなれません。
ジュエリーツツミでは金の割合が低い10K等のジュエリーを売っておりますが、それらのジュエリーを例えば質に出す場合の時に、18Kよりもかなり安い価格になってしまうからです。
今では10年前には安かった18Kのアクセサリーがジュエリーツツミでも高額なので、ジュエリーのリサイクルショップ等を見てみるのですが、やはりそうしたリサイクルショップを見ても18Kはかなり高額で、安いジュエリーは10K等ばかりです。
ジュエリーツツミで、小さな物だと18Kのジュエリーが安く購入できた昔が懐かしいです。

ジュエリー選び方

何を目的にジュエリーを選ぼうとするかで、選び方は異なってくるでしょう。
私は、自分がもし、今、ジュエリーを選ぶなら、値段が安い、それこそ、ジュエリー、アクセサリーの特価市で、
オープニングサービスで出てくるような一品は避けます。
もし、結婚指輪、婚約指輪だったら、永遠を託すにふさわしく、永遠を感じるジュエリーにします。
永遠プラス、何かの時の資金源としての役割を考えるなら、選ぶ時は慎重にするべきです。
私は、ブランド物より、実際に価値ある一品を購入します。
地金はプラチナ900以上の純度、ダイヤモンドは、メレダイヤではなく、センターがしっかりしている物を選びます。
それには、ちゃんとしたところの鑑定証書がついていて、石は言うまでもなく、1粒で1キャラット以上、必須です。
4Cも上位を占めているものでなければ、あとあとマイナスの評価の糸口になります。
これでもかと言うほどのデザインでなくても、シンプルが飽きが来ないのはだいたい皆同じ意見でしょう。
しかし、それでも、デザイン物が良いと言う人もいますので、ポイントさえ押さえれはあとは、予算との相談です。
財産価値を考えない、好きな物が一番よいという考えなら、本当にパヴェでも良いしデザイン優先のジュエリーでも良いです。ジュエリーの選び方は人によって異なりますし、何を優先するかによっても変わります。
ですから、シンプルは飽きが来ないから、普遍性があって、長く使えると思っても、自分にとっては魅惑的に思えるものが良いと思えば、それが自分との相性の良い一品と言うことになり、それを購入することにもなります。
また、予算があるからこれしか無理、というのも考えられます。
ダイヤモンドではなく、他の色石も最近は人気があります。
パワーストーンの人気のおかげか、さまざまなストーンに興味を持つ人が増えると選択の幅も広くなるでしょう。
色石であっても重さ1キャラット以上の鑑別証書つきの物を対象に選ぶことは賢明な事です。
単にブランド物が良いと言う人もいます。
それは、もう趣向の問題です。
デザインの流行があり、これは避けられないので、この点は押さえておく方が良いです。

 

デザインだけでなく、全体のバランスで選ぶ

ジュエリーは自分では買うものではないのよ、と昔、職場の先輩が話していたのを
思い出しますが、やはり、サプライズで頂くものよりも自分で納得して自分に似合う
好みのものを買うのが一番です。
というのも、若い頃は夫がよく記念日に私に内緒で指輪やブレスレッド、時計など
サプライズでプレゼントしてくれたのですがどれもいまいち私好みではなく、
となると、自然と身に着ける頻度も低くなり、「あれ?こないだの指輪つけないの?」
などど余計な喧嘩のきっかけを生むことも…。
それに、第一、ちょっとしたものであっても宝石のついたジュエリーはやはり高価なもの。
あまりつけなくもないものに、高価な出費をしてほしくありません。
私は、ほしいジュエリーの情報は、テレビの女優さんやキャスター、タレントさんなどがつけている
モノを参考にしています。
テレビで、最近のトレンドを知り、自分の好みの雰囲気のファッションや髪型にあうようなジュエリーを
見つけるようにしています。
雑誌にも、商品がバーンと出ているような記事が掲載されていますが、雑誌で参考にするのは値段くらい。
ネックレスなら首につけたときにどのくらいの長さになるのか、指輪ならどの指に、どんな感じにつけるのか、
そのジュエリーを実際につけた感じがどう見えるのか、を重視したいからです。
雑誌にジュエリーだけの掲載されているものを見て「これかわいい!」と思ってお店でつけてみたら、
「あれ、思ったようなバランスじゃないわ…」ということもあるし、
実際に買ったものの、どんな襟周りの服が似合うのかしっくりこなくて、手に取る機会が減り、
ジュエリーボックスに入ったまま…となっているものもあります。
なので、ドラマなどで女優さんがつけているファッションやその方の体型を参考にしつつ、好みのものを
探すと失敗が少ないです。
一番のお気に入りは、石田ゆり子さんがドラマでつけていたミニパールのネックレス(ヴァンドーム青山)です。
テレビですと、最後に衣装提供などでブランド名もわかりますし、そこから探して見つけるのもまた楽しみです。

ジュエリー 選び方

ジュエリーを選ぶ際気をつけたいことは、素材がどうなのか(シルバー、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールド、プラチナまたはその他)や、予算に見合っているかどうか、デザインの好みなどだとおもいます。
貴金属と呼ばれるゴールドやプラチナなどを使っている場合はその分シルバーなどに比べて値段が高くなっていますが、貴金属は貴金属の魅力があるし、錆びにくいので磨いたりする手間なども省けます。
一般的にはシルバーが使われているものをよく見かけますが、何も表記がなく、ニッケルなどその他の金属が使われているものもあり、それらの素材は金属アレルギーを起こしやすいとも言われているので、金属アレルギーの方はゴールドやプラチナなどを選ぶようにしたほうがいいかもしれません。
また、最近よく使われているステンレスなどの素材は値段もお手頃で、錆びにくく、金属アレルギーも起きにくいと言われているのでおすすめです。
次にブランドジュエリーについて考えたいとおもいます。
たとえばダイヤモンドが使われているジュエリーの場合、同じような大きさでもブランドジュエリーはブランド代も含まれているので、価格が上がることを考慮しなければなりません。
個人で重視するところは様々だと違うとおもうので、自分はそのブランドが好きなのか、それともその大きさのダイヤモンドに魅かれているのか、などをよく考えてから購入するようにすると、後悔がないとおもいます。
一番気になるのはやはり価格だとおもいます。どの金属を使っているかによって平均の価格帯はさまざまですし、値段が高いからといって一概にいいものとは言えない場合もあるので、普段からジュエリーを見る目を養い、自分が納得できるものを購入するのが一番いいとおもいます。
最後に、やはりどんな場合でも、自分が気に入ったジュエリーを身に着けることがやっぱり素敵だとおもうので、このジュエリー素敵、というフィーリングも大事にしたいですね。