ジュエリー選び方

何を目的にジュエリーを選ぼうとするかで、選び方は異なってくるでしょう。
私は、自分がもし、今、ジュエリーを選ぶなら、値段が安い、それこそ、ジュエリー、アクセサリーの特価市で、
オープニングサービスで出てくるような一品は避けます。
もし、結婚指輪、婚約指輪だったら、永遠を託すにふさわしく、永遠を感じるジュエリーにします。
永遠プラス、何かの時の資金源としての役割を考えるなら、選ぶ時は慎重にするべきです。
私は、ブランド物より、実際に価値ある一品を購入します。
地金はプラチナ900以上の純度、ダイヤモンドは、メレダイヤではなく、センターがしっかりしている物を選びます。
それには、ちゃんとしたところの鑑定証書がついていて、石は言うまでもなく、1粒で1キャラット以上、必須です。
4Cも上位を占めているものでなければ、あとあとマイナスの評価の糸口になります。
これでもかと言うほどのデザインでなくても、シンプルが飽きが来ないのはだいたい皆同じ意見でしょう。
しかし、それでも、デザイン物が良いと言う人もいますので、ポイントさえ押さえれはあとは、予算との相談です。
財産価値を考えない、好きな物が一番よいという考えなら、本当にパヴェでも良いしデザイン優先のジュエリーでも良いです。ジュエリーの選び方は人によって異なりますし、何を優先するかによっても変わります。
ですから、シンプルは飽きが来ないから、普遍性があって、長く使えると思っても、自分にとっては魅惑的に思えるものが良いと思えば、それが自分との相性の良い一品と言うことになり、それを購入することにもなります。
また、予算があるからこれしか無理、というのも考えられます。
ダイヤモンドではなく、他の色石も最近は人気があります。
パワーストーンの人気のおかげか、さまざまなストーンに興味を持つ人が増えると選択の幅も広くなるでしょう。
色石であっても重さ1キャラット以上の鑑別証書つきの物を対象に選ぶことは賢明な事です。
単にブランド物が良いと言う人もいます。
それは、もう趣向の問題です。
デザインの流行があり、これは避けられないので、この点は押さえておく方が良いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>