ジュエリー 選び方

ジュエリーを選ぶ際気をつけたいことは、素材がどうなのか(シルバー、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールド、プラチナまたはその他)や、予算に見合っているかどうか、デザインの好みなどだとおもいます。
貴金属と呼ばれるゴールドやプラチナなどを使っている場合はその分シルバーなどに比べて値段が高くなっていますが、貴金属は貴金属の魅力があるし、錆びにくいので磨いたりする手間なども省けます。
一般的にはシルバーが使われているものをよく見かけますが、何も表記がなく、ニッケルなどその他の金属が使われているものもあり、それらの素材は金属アレルギーを起こしやすいとも言われているので、金属アレルギーの方はゴールドやプラチナなどを選ぶようにしたほうがいいかもしれません。
また、最近よく使われているステンレスなどの素材は値段もお手頃で、錆びにくく、金属アレルギーも起きにくいと言われているのでおすすめです。
次にブランドジュエリーについて考えたいとおもいます。
たとえばダイヤモンドが使われているジュエリーの場合、同じような大きさでもブランドジュエリーはブランド代も含まれているので、価格が上がることを考慮しなければなりません。
個人で重視するところは様々だと違うとおもうので、自分はそのブランドが好きなのか、それともその大きさのダイヤモンドに魅かれているのか、などをよく考えてから購入するようにすると、後悔がないとおもいます。
一番気になるのはやはり価格だとおもいます。どの金属を使っているかによって平均の価格帯はさまざまですし、値段が高いからといって一概にいいものとは言えない場合もあるので、普段からジュエリーを見る目を養い、自分が納得できるものを購入するのが一番いいとおもいます。
最後に、やはりどんな場合でも、自分が気に入ったジュエリーを身に着けることがやっぱり素敵だとおもうので、このジュエリー素敵、というフィーリングも大事にしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>